高齢出産によるダウン症の可能性をおさえる葉酸サプリ!?

高齢出産っていつから?

 

「見た目年齢」という言葉が溢れる現代、今や見た目年齢は自分で作る時代に。その方法も様々で、年々クオリティーは向上し続けています。肌やボディのアンチエイジングに力を入れている方も多いのではないでしょうか。

 

高齢出産の定義は、WHOで決められていて「35歳以上の初産、2人目以降であれば40歳以上」とされています。寿命は延び、見た目年齢の若い人は増えていますが、それはあくまでも外見上のこと。今も昔も「卵子の加齢」は変わらないため、生物学的な妊娠適齢期は25~30歳です

高齢になるほどリスクはあがる

 

35歳になると突然リスクが急に高くなるというものではありません。30歳を過ぎると、少しずつ卵子の劣化が進んでいきます。一般的には、35歳を境に卵子の質(妊娠率)が急激に下がっていくため、35歳を一区切りにしています。

 

体外受精の年齢別妊娠確率を例に見ると、

  • 25歳以上で40%弱
  • 32歳くらいまでは37~38%
  • 30代後半から徐々に妊娠率は低下する
  • 40歳で20%を切る
  • 43歳で10%
  • 44歳で10%を切ります
  • 45歳以上は5%以下となり限りなく0に近づきます

 

 妊娠率が下がるだけでなく、胎児の染色体異常のリスクも高くなります。染色体異常の病気の中で多い「ダウン症」ですが、20歳ではその確率も1667分の1とかなり低いのに対し、30歳で952分の1、35歳で378分の1、40歳で106分の1、45歳で30分の1とどんどん上がっていきます。

 

妊娠率の低下や染色体異常の原因として、最も影響が大きいのが卵子の質の低下です。加齢に伴い卵子そのものが妊娠に不向きな状態に変化していきます。

 

また年齢が上がると染色体異常の率が上がるため流産率も上がり「出産までたどり着く確率」も下がります。また加齢とともに子宮筋腫などの合併症も高くなり、不妊要因が増えていきます。

>>葉酸サプリ選びには必須事項、合成葉酸と天然葉酸の違いとは??

ダウン症に葉酸は効く!?

 

赤ちゃんを元気にする栄養の話(大井静雄)単行本を参考に。
このような記事がのせられているのを見つけました。

(以下日本語訳)

ダウン症候群の幼児の一部の母が葉酸とメチル(葉酸遺伝子の突然変異だけでなく)の異常な代謝があるという証拠があります。そして、それは神経管欠損(NTD)でも見られる特徴です。

 

したがって、別に考慮される各々の障害の発病率に期待されるより、ダウン症候群とNTDが同じ家族でよりしばしば起こるかどうか、我々は調査しました。

 

その調査結果カルテからデータを鶏、ダウン症の神経管欠損(NTD)は直接的に関係している事が検証され、葉酸サプリメントでダウン症のリスクを防ぐ事が可能です。

 

 以前は、先天性異常の無脳症や二分脊椎のリスクを下げるとして知られていた葉酸ですが、世界的に有名な医学士「ランセット(LANCET)」で、2003年4月に葉酸がダウン症を防ぐ可能性があると発表が掲載されています。

 

また、その他にも葉酸は大きく胎児の健康に貢献することが明らかになっていると言われています。

 

葉酸サプリは・・
医師の専門書ランセットより、2003年にダウン症は防げる可能性があると言う事が判明しました。

 

芸能人でもダウン症の可能性があると医師に告げられ元気な赤ちゃんを産んだ事例

石田純一さんと東尾理子さんが結婚したのは2010年の春でした。授かり婚ではありませんでしたが、その発表に衝撃を受けた人は多いはず。

 

そして不妊治療の甲斐あって2012年11月5日に長男『理汰郎』くんが誕生しています。

 

もともと妊娠した時の年齢も36才と高齢出産で、ダウン症のリスクが高い出産で、本人のブログでも「2012年6月3日」のブログでクアトロテストを受けお腹の中の子供がダウン症の確率が高いと医師に宣告されました。

 

しかし、東尾理子さんはお腹の中の子供を出産したいという思いで、羊水検査を受けづ、葉酸サプリを摂取し続けた結果、元気な赤ちゃんを出産することができました。

 

この時の、ブログには、4700件もの励ましのコメントがされたようです。
その時に飲んでいたのが、美的ヌーボという葉酸サプリです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*