ベルタ葉酸サプリの副作用が危険!?妊娠中のオススメ&NG食材とは。

 

葉酸は妊婦の栄養に欠かせないため、2000年から厚生労働省が妊娠可能な年の女性すべてに葉酸を 摂取するよう呼びかけを行っているくらいなんです。

>>ベルタ葉酸サプリのビタミンAは赤ちゃんにとって超キケン!?

厚生労働省では1日の葉酸摂取量を400μgと 定めており、2002年からは「母子手帳」にも葉酸の必要性が掲載されるようになりました。

 

しかし、妊活・妊娠中のママさんたちにとって、葉酸サプリを毎日飲み続けることでの「副作用」が心配になるところではないでしょうか。そのあたりにスポットをあてて調査していきましょう!

>>ここだけの話、ベルタ葉酸サプリとアレルギーのはなし。

葉酸摂取における副作用

食品から葉酸を摂取する場合

 

食品から葉酸を大量摂取した場合、体内に蓄積する脂溶性ビタミンとは違い、水溶性ビタミンといって尿や汗などと一緒に排出されてしまうビタミンであることから副作用のリスクは殆どないと言われています

 

サプリメントから葉酸を摂取する場合

 

サプリメントで過剰に摂取した場合は副作用のリスクもあると言われています。
その為、厚生労働省は、妊娠中の目標摂取量として食事以外にサプリメントで400μg(マイクログラム)の葉酸の摂取を推奨しており、過剰摂取量としては1000μg以上を設定しております。

その為、1日1000μgの葉酸摂取の生活を続けた場合は副作用のリスクがあがるとされています。

 

またサプリメントは食品からの摂取よりも身体への吸収率が高いといわれており、決められた一日の摂取量を守ることが重要になってきます。

 

葉酸と食品の関係からベルタ葉酸サプリの凄さを知ってしまった・・

葉酸の過剰摂取による副作用の種類

 

葉酸の過剰摂取による副作用は以下の例が挙げられています。

  • 消化器の不調
  • 吐き気
  • かゆみ
  • 紅斑(こうはん)などのアレルギー症状
  • 全身の倦怠感
  • 食欲不振
  • 不眠症
  • むくみ
  • 呼吸障害
  • 亜鉛の吸収率低下

 

などが報告されており、酷い場合は、胎児の喘息リスクがあがるケースもあるといいます。もともと葉酸は不足しがちな栄養素なので過剰摂取はあまりないのですが、サプリメントで手軽に採れることで過剰摂取の可能性が 指摘されるようになりました。

>>ベルタ葉酸サプリはこの時期から飲まないとキケン?!そのわけとは。

普通に摂取すれば安心
キチンと用法を守っていれば副作用の危険はありません。逆にそれを恐れて不足するほうが、よっぽど怖いことかもしれませんね。

 

ベルタ葉酸サプリは安心しておすすめできる!

 

今は葉酸サプリだけでも、ほんとうにいろんなブランドから様々な種類が出回っています。その中で自分に合うサプリを見つけるのって難しいことですよね。>>ベルタ葉酸サプリの製造と会社の謎に迫る!!

 

この「ベルタ葉酸サプリ」は他の葉酸サプリとは違う要素をいくつも持っており常に人気の上位をキープし続けているんです。

>>人気のベルタ葉酸サプリは添加物だらけ!?知らないじゃ済まないコト

成分に関しても、天然酵母を使用し、添加物は使用せず食品からの栄養素抽出に成功しています。もちろん副作用の心配は一切なく、そういった口コミ・クレームもありません。

 

さらにベルタ葉酸サプリの特徴のひとつでもあるのが美容成分の配合です。妊娠に必要な成分はじゅうぶん確保しつつも、ホルモンバランスが崩れがちであるこの時期の女性にはありがたい6種類の美容成分が配合されているんです。綺麗なママさんで赤ちゃんを迎えられる嬉しいポイントですよね。

>>ベルタ葉酸サプリは詐欺会社!絶対に解約をさせない悪質グループ??

 

>>ベルタ葉酸サプリの電話対応が悪い件についてスタッフに直撃してみた!

妊娠中の注意すべき食べ物

 

「妊婦さんは赤ちゃんの分まで食べなくちゃ!」というのは一昔前の話。食べ過ぎは肥満に繋がりますし、妊婦の食事は下痢や貧血、つわりにも影響するので注意しなければなりません。

 

特につわり中は、自分の身体がいつもと違う状態になることがほとんどです。食の好みが変わったり、においにもとても敏感になります。

 

そこで豆知識として、妊娠中に役立つ食べ物・飲み物の情報を紹介します。少しでも参考にしていただいて、妊娠ライフのお手伝いになれればなと思います。

 

お料理好きな妊活・妊娠中の方におススメの葉酸レシピ特集!

妊娠中にオススメの食べ物!

 

 緑黄色野菜

緑黄色野菜には、妊娠中だけでなく普段から健康的に過ごすために必要不可欠なビタミン類や葉酸、鉄分、食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。旬の時期は栄養価がいっきに高まるので、季節の野菜を積極的に取り入れるといいですね。

 

特にモロヘイヤ、ほうれん草、春菊にはお腹の中の赤ちゃんの成長を促し、授乳中には母乳作りのサポートをしてくれる葉酸が豊富。血液の流れを良くして体を温める作用があるビタミンEも、妊婦さんと赤ちゃんの健康を支えてくれますよ。

 

 肉や魚の赤身

赤ちゃんの体や脳をつくるために重要となる栄養素がたんぱく質。良質なたんぱく質を含む肉や魚は妊娠中も欠かさず食べたいものです。

 

ただし、脂身が多い部分はカロリーも高いため、肉であれば赤身やささみ、魚もトロより赤身を選んで食べるのがおすすめです。赤身の肉や魚を上手にとれば、貧血の防止にもつながります

 

 大豆製品

たんぱく質が豊富な大豆製品は、つわりで肉や魚を体が受け付けないときに取り入れたい食材です。納豆には骨を強くするビタミンK、枝豆には葉酸が含まれています。

 

絹ごし豆腐などにはちみつやメイプルシロップをかけると、スイーツのような味わいになるので、「たまには甘いものが食べたい!」というときのおやつにも最適。
個人的にオススメは納豆入りお味噌汁です、けっこういけますよ!!

 

 きのこ類

きのこ類は低カロリーで食物繊維が豊富。妊娠中の体重管理や、便秘解消にも役立ちます。また、きのこ類はグアニル酸といったうまみ成分も強いので薄い味付けでもおいしく食べることができ、減塩中の妊婦さんにとっても強い味方。

 

炒め物や蒸し物、鍋などさまざまな料理法で食べることができるので、飽きずに取り入れられるのも魅力です。おすすめキノコの炒め物は(しめじ・エリンギ・しいたけ)この3種類でバター、ニンニク・醤油いためです。それぞれきのこの違う性格が合わさって絶品です。

 

 乳製品

妊娠中は、赤ちゃんの骨や歯をつくるためにカルシウムが多く必要になります。牛乳やヨーグルトなどの乳製品は手軽にカルシウムを摂取できるうえ、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルも含まれている優れもの。

 

また、ビフィズス菌など善玉菌が含まれているヨーグルトドリンクなどは腸の調子を整えてくれるので便秘気味の妊婦さんにもおすすめです。とり過ぎには注意で~す。

 

>>30代女性がベルタ葉酸サプリを妊娠中に使ったリアル体験談の全て!

妊娠中に避けたほうがよい飲食物

 アルコール類

お腹の中の赤ちゃんは母体から胎盤を通して栄養をもらっている状態なので、妊婦がアルコールを摂取すれば、栄養と同じようにして赤ちゃんにも届いてしまいます。胎児性アルコール症候群を引き起こす原因となるため、妊娠中は飲酒をやめるようにしましょう。胎児性アルコール症候群になると小脳低形成などの脳の障害や成長の遅れを引き起こす可能性があります。妊娠に気づいたら、すぐに禁酒しましょう。心配なら、かかりつけのお医者さんにいつごろまで飲酒していたかを話し、相談すると良いでしょう。

 

 魚介類

魚は、妊娠・出産のための栄養バランスの良い食事には不可欠です。ところが、魚の一部には、自然界に存在する水銀が食物連鎖によって蓄積されているものがあります。このため、魚を極端にたくさん食べるという偏った食べ方によって、お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性が指摘されています。適切な量は、例えばキンメダイやクロマグロ(本マグロ)は1週間に刺身で1人前(80g程度)、切り身で1切れ(80g程度)とされています。

 

また、妊娠中は免疫力が低下しています。普段なら何ともないものが原因で食中毒になってしまう可能性が高く、刺身や生の貝類は注意が必要です。このような理由から、魚介類の生食は少量に限るようにしましょう。

 

 生卵

卵はとても栄養価が高いので、妊娠中も積極的に摂取したいです。ただし、生卵は注意が必要です。卵の殻には、サルモネラ菌が付着していることがあり、母体にも危険を及ぼす可能性があるため、生卵は控えたほうが無難です。

 

サルモネラ菌は75℃で1分以上加熱すると死滅するので、卵は加熱調理をすれば安心です。オムレツなどがベターですが、とろりとした黄身の食感を楽しみたいときは、温泉たまごにするのもいいかもしれません。なお、自家製のマヨネーズやドレッシングにも生卵が使われていることがあるので、注意したほうがよいでしょう。

 

 生肉

生肉には寄生虫であるトキソプラズマが付着している可能性があります。トキソプラズマは全ての哺乳類と鳥類に感染する可能性がある寄生虫で、ネコの尿や糞や、生肉から感染するといわれています。

 

妊婦さんが感染した場合、胎盤を通して赤ちゃんに伝染し、出生後も脳や目に障害が起こる可能性があります。脳に髄液がたまる水頭症や視力障害などがその一例です。

 

トキソプラズマは67℃以上の熱で死滅します。お肉を食べるときはしっかり加熱してくださいね。もしうっかりレアのお肉を食べてしまった場合、トキソプラズマに感染している可能性があるため、病院で検査を受けましょう。

 

元気な赤ちゃんが生まれてきてくれるまでは、レアのお肉はおあずけにしましょう。

 

 カフェインを含む飲物

カフェインを含むコーヒーや紅茶といった飲物を、妊娠前から楽しんできた方は多いと思います。気持ちを落ち着かせ、ストレスを和らげる等の効用もあります。しかし、大量のカフェイン摂取は、低体重児として出生するなど妊娠の経過に悪影響を与える可能性も示唆されています。WHO(世界保健機構)では、カフェインの摂取は1日300mg未満としていますが、200mg未満(コーヒーをマグカップで2杯程度)を推奨する国もあります。

 

コーヒーは1日2杯程度なら問題ないようですが、カフェインレスのコーヒーや紅茶がスーパーや赤ちゃん用品店等で買えますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。できれば、カフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選ぶようにしましょう。辛抱ですよ!

 

まとめ

 

このほかにも、インスタント&レトルト食品」「揚げ物」「辛い味付けのメニュー」「ナチュラルチーズ(加熱殺菌していないもの)」など、高カロリーであったり、塩分が多かったり食品添加物が入っていたりなど注意する点が非常に多くなります。

 

医学の進歩によって気をつけるべき食品の種類が増え、調べれば調べるほど心配になってしまうかもしれません。とはいえ、上記に挙げたもの以外は、摂取量に気をつければ問題ないという食品がほとんどなのです。要は「バランスよく、ほどほどに」。どうしても不安な食品は食べるのをやめ、産婦人科医や助産師に相談してみるのもいいと思います。

 

こんな記事を書いてなんですが、人間の身体はほんとうによくできています。身体によくないと判断すれば自分の細胞たちがある程度は修正してくれます。あまり神経質になりすぎずに。ストレスも赤ちゃんにはよくないですからね!!

 

>>ベルタ葉酸サプリの錠剤の色が変わったみたい、腐ってるの?大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*