【重要】葉酸サプリの妊娠時期ごとの必要量・効果をまとめました!

 

妊活中の女性・妊婦さんに欠かせない栄養素としてすっかり定着している葉酸。しかし、どの時期からどのくらいの量を摂取すればいいのか、そこまで知っている人はあまり多くないかもしれません。

 

※関連記事>>ベルタ葉酸サプリはこの時期から飲まないとキケン?!そのわけとは。

 

妊娠を考えるにあたって、赤ちゃんの健康はとても重要なこと。胎児の発育に大きく関わる栄養素だからこそ、正しい知識をもって摂取したいですよね。そこで今回は、妊娠時期ごとの摂取量・効果についてお話します。>>葉酸サプリ選びには必須事項、合成葉酸と天然葉酸の違いとは??

葉酸サプリの摂取時期

 

妊娠の1カ月以上前から妊娠3カ月までの間は葉酸サプリメントの摂取が勧められていますが、実は、妊娠してから飲みはじめるのでは遅いという声もちらほら。

 

さらに、産後もママさんにとって必要といわれており、摂取時期に関してお悩みの方は多いんじゃないでしょうか。では、一体いつからいつまでとるのがよいのでしょうか。

 

※参考記事>>ベルタ葉酸サプリっていつ飲むのがいいの?今でしょ!!

妊活中・妊娠前にも葉酸は必要?

 

妊活中は赤ちゃんを授かることに意識が向いてしまうのは仕方がない事。ですが、いつか生まれてくる赤ちゃんの為に健康にも目を向けておきたいものです。

 

厚生労働省は2000年から、妊娠可能な年齢の女性すべてに葉酸の摂取を奨励しています。その理由は、葉酸をはじめとしたバランスのよい食生活によって、赤ちゃんも同様に健やかな栄養環境で育つことにつながるためなのです。

 

赤ちゃんにとって妊娠4〜5週は、人体に必要な器官が形成される時期ですが、妊娠に気がつくのは一般的に6週目ごろとなります。そのため、妊娠に気づいてから葉酸を飲みはじめるよりも、もっと以前に飲んでおくことが推奨されているのです。

 

妊娠を考え、パートナーと一緒に計画しはじめたら、葉酸の摂取を意識していきたいところ。おなかの中で赤ちゃんを健やかに育むためにも、適切な葉酸の摂取を心がけたいですね。

 

 

葉酸の妊娠時期ごとの必要量・効果

 

妊娠前や妊娠中に欠かせない葉酸ですが、時期によって必要量やその効果が異なります。なぜ必要なのか、どのくらいの量をとればいいのか、きちんとおさえておきたいものです。

 

ここでは、時期ごとの必要量や効果をみてみましょう。

 

妊活中の葉酸の必要量・効果

 

妊娠を考える女性は、妊娠前から葉酸を摂取しておくのが理想的です。妊活中の女性は、400㎍摂取することが勧められています。

>>妊活方法7選!時間がない高齢出産の準備を早めるやり方決定版!!

胎児の健康・成長のためにも、推奨摂取量を守ることが大切です。葉酸の摂取は、妊娠を計画する1カ月前から開始を。継続的な摂取が推奨されています。

 

また、妊娠しやすい身体づくりにおいても、葉酸のチカラに注目が期待されています。貧血は冷え性と関わりがあるとも考えられており、強い冷えが妊娠を阻む原因になることも。手足や首もとなどの冷えが気になる人は、冷え対策の一環としても取り入れたい成分だといえるでしょう。

 

妊娠中(妊娠初期)の葉酸の必要量・効果

 

赤ちゃんの神経管が形成される妊娠初期は、葉酸をもっとも多く使う時期であります。妊活中と同じく400μgの摂取が推奨されています。

 

妊娠中(妊娠中期)の葉酸の必要量・効果

 

厚生労働省が葉酸の摂取を推奨しているのは妊娠初期までですが、その時期を過ぎてからもとり続けるのが理想的です。妊娠中は母乳や血液を通じて赤ちゃんに栄養や酸素を送るために、非妊娠時より身体が多くの栄養を求めます。

 

葉酸も例外ではなく、成人の1日あたりの推奨摂取量よりも多めにとりたいところです。

赤ちゃんの健やかな成長のためには、妊娠前から12週まで飲み続けることが大切です。メニューにも工夫するなどして、食材からの摂取とサプリメントからの摂取と両方共にバランスがよい葉酸の摂取を習慣づけたいものです。

 

妊娠中(妊娠後期)の葉酸の必要量・効果

 

妊娠後期はおなかの赤ちゃんが大きくなるにつれてより多くの血液が必要となるため、引き続きサプリメントを飲むのも一つの手です。

 

特に、貧血が起きやすい人は、医師に相談のうえ葉酸をプラスしてみてもいいかもしれません。後期は中期におさまっていたつわりに再度悩まされたり、息苦しさから食欲不振になったりすることもあるため、栄養が不足しがちになる人も増えてきます。栄養バランスに注意しながら葉酸の摂取も意識したいですね。

 

 

妊産後の葉酸の必要量・効果

 

ママの身体は、産後もたくさんの栄養を必要とします。出産までにたくさんの栄養を赤ちゃんに送り続けたため、ママの身体は栄養不足になりがちです。しかも、ママさんには産後も休むことなく赤ちゃんのお世話が待っています母乳による栄養補給でより多くの葉酸が必要になる)、葉酸は引き続き多めにとることが望ましいのです。

 

さらに、産後のママには授乳という大切な役目も加わります。1日あたりの必要摂取量は非妊娠時よりも280㎍プラスする必要があるとされているので、十分な量を補えるように食生活での工夫も考えたいですね。

 

 

授乳中の葉酸の必要量・効果

 

意外とみなさん知らなかったのが、赤ちゃんの栄養源である母乳は、ママの血液からできているということ。したがって、質のよい母乳をつくるためにも、造血のビタミンである葉酸は欠かせない存在です

 

 葉酸はビタミンB12と協力して血液をつくるので、ビタミンB12や鉄分も一緒に摂取するのがオススメです。

 

(ビタミンB12を多く含む食品)

 牛レバー・鶏レバー・カキ・さんま・あさり・にしんなど

(鉄分を多く含む・吸収率を高める食品)

 肉・魚・卵・乳製品・魚介類やレバー・大豆・緑黄色野菜など

 

葉酸は妊活中から産後の授乳期まで欠かせない栄養素。妊活中の方は、元気な赤ちゃんを産み育てるためにも、いつもの食事を工夫したり、サプリメントでの「葉酸」摂取を検討してみてはいかがでしょうか。妊活だけではなく美容や健康の維持にも役立ちますよ。賢く栄養を取り入れて、身も心もいきいきとした妊活・妊娠ライフを目指しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*